近海マグロをダイレクトに味わう解体ショー

2017-7-26
海と日本PROJECT in ふくしま

 

海と日本プロジェクトinふくしま、専任事務局員の小松です。暑い日が続いていますが、皆さん、お元気ですか? 今日も、福島県内の海のイベントをレポートします。

今年で開館20周年を迎えたいわき市の観光物産館「いわき ら・ら・ミュウ」では、7月22、23日の2日間、記念イベントとしてマグロの解体ショーがおこなわれました。大迫力の解体ショー。たくさんの観光客が、その美しい技に酔いしれました。

60kgを超える大きな長崎県産の養殖マグロをさばくのは、地元いわきで仲卸業を営む丸秀水産株式会社の方たち。通常なら2分程度でさばいてしまうところ、丁寧に解説を加えながら約10分ほどかけて1本のマグロをさばきました。

大トロ・中トロ・赤身・カマに中落ち、それぞれの部位に切り分けられたマグロは、どれも一目見ただけで新鮮さと美味しさが伝わってきます。買い物客が「うわー」「美味しそう」と声に出しながら真剣に見入っていました。

 

新鮮なマグロの解体に見入る!

  1. 施設内の店舗のスタッフがサクに切り分けていきます。
  2. 店頭にはマグロを買い求める人たちの行列が!
  3. 養殖マグロの大トロが2000円。通常の半額程度とのこと。

 

さばいたマグロは、その後、同施設内「おさかなゾーン」にある直売店の5店舗で細かく切り分けパックに入れてお客に販売されました。今回は市場価格の約2分の1程度の特価で切りたてのマグロが販売されるということで、各店に押し掛けた大勢の買い物客が、手を伸ばして希望の品を買い求めていました。

(専任事務局員・小松)

 

イベント名いわき・ら・ら・ミュウ マグロ解体ショー
参加人数300人
日程2017年7月22日(土)、23日(日)
場所いわき・ら・ら・ミュウ
主催いわき・ら・ら・ミュウ

関連リンク

ページ上部へ戻る