福島の子どもたちが歌とダンスで海を表現!レッツ★うみダンス

2018-10-1
海と日本PROJECT in ふくしま

 

みなさん、「うみダンス」というダンスをご存知ですか?

子どもたちに楽しみながら海の大切さを知ってもらうために、去年海と日本プロジェクトが考案したのが「うみダンス」なんです。「青くて透明な海はマル♪黒くて汚れてる海はバツ♪」と、楽しく歌って踊りながら、海について考え、海への関心を高めることができます。

 

こちらが「うみダンス」!

 

 

 

福島県の幼稚園で、レッツ★うみダンス♪

  1. 双葉第二幼稚園のこどもたちも元気いっぱい踊ってくれました
  2. みんなで声を合わせて「レッツゴー!」
  3. 小原田幼稚園のみんなも「マル!」

 

今回、海と日本プロジェクトinふくしまでは、去年に引き続きうみダンスを取り入れて頂いている幼稚園の協力を頂き、うみダンスを踊る子どもたちの模様を撮影させて頂きました。協力頂いたのは、小原田幼稚園の63名、双葉第二幼稚園の96名、たちばな西幼稚園の60名の子どもたち。撮影のために、ビデオを見たり先生に教わったりしながらダンスを覚えて、練習し、撮影に臨んでくれたそうです!

去年に引き続き、踊るのが2回目!という子どもたちもいて、大きな声で「マル!」「バツ!」と声を響かせながら、息の合ったダンスをみせてくれました。

いい海ってどんな海か、逆に、ダメな海はどんな海か。それを学びながら楽しくダンスしてくれました。「今日は練習しないの?」と積極的にダンスをしてくれた子どもたちもいたんだとか。子どもたちのダンスは、福島中央テレビのミニ番組でも紹介するほか、Youtubeでも公開されます。番組についての情報は、こちらの記事でご覧下さい。そんなに難しい動きではないので、ぜひご家庭でも踊ってみて下さい

 

参考
うみのまんまるえがお
https://www.youtube.com/watch?v=nHYYWnrEOVc

海ダンス
https://www.youtube.com/watch?v=LtqraL9kNCs

 

イベント名うみダンスを踊ろう!
参加人数219名
日程2018年8月22日、9月12日、9月13日
主催海と日本プロジェクト

関連リンク

ページ上部へ戻る