ふくしま海遺産 第5回 小名浜潮見台

2016-8-23
海と日本PROJECT in ふくしま

 

福島県の海の遺産。改めてその価値を感じよう。ふくしま海遺産。

いわき市最大の港町、小名浜地区にある潮見台は、三崎公園の敷地内にある展望台。突き出た岬の端の部分に立てられていて、下を見下ろすと、雄大な太平洋と磯場が広がる景勝地となっています。いわき市を代表する観光地であり絶景スポット。休日などはたくさんの人が訪れます。

潮見台の上にも階段で登ることができ、そこから眺める朝日や夕陽は格別のものがあります。いわきが誇る霊峰「湯の岳」や、小名浜港、近くの永崎海岸などを一望することができます。耳を澄ますと、磯場の波の音や海鳴りが聞こえます。海と一体になるような感覚が味わえます。

 

小名浜地区の絶景ポイント、潮見台

  1. 潮見台の左手には小名浜の町が広がっています。
  2. 格子の奥には太平洋。どこまでも水平線が伸びる景色。
  3. 赤煉瓦のデザインも人気。ぜひ塔の上に登って下さい。

 

観光客だけでなく地元の人たちからも愛されている潮見台。春には春の、夏には夏の、四季折々の海の表情。海の雄大さ、そして優しさを体感できるポイントです。これからの時期。ますます夕暮れが美しく見える時期です。時間をずらして2、3度訪れてみて下さい。

 

イベント名小名浜潮見台
場所いわき市小名浜三崎公園内

関連リンク

ページ上部へ戻る