シリーズ「海と復興」楢葉町「ここなら商店街」

2016-9-29
海と日本PROJECT in ふくしま

 

東日本大震災で巨大津波の被害を受けた福島県浜通り。地域の復興の「今」を見つめ、今一度、海に根付いた地域の文化や、その町に生きて来た人たちに思い馳せたい。海と日本 PROJECT in ふくしまでは、そんな思いから、被災地の今を紹介するシリーズ「海と復興」をお届けして参ります。

第13回目となる今回は、双葉郡楢葉町にある復興商店街「ここなら商店街」を紹介します。

ここなら商店街は、楢葉町内で被災したお店が集まる復興飲食店街。お昼時になると、懐かしの味求めて、復旧工事に当たる作業員たちがたくさん集まります。商店街にあるイラストは、いわき市のペインター、ユアサミズキさんが描いたもの。美しい白鳥、木戸川の鮭、楢葉町の海などが描かれています。

商店街のウリは、やはり地元の味。太平洋に面した楢葉町は、豊富な魚介に加え、産直の野菜など「食」に恵まれた場所でした。町内の広い範囲で津波の被害もありましたが、現在は少しずつ住民が戻りつつあります。商店街のある国道6号線から海へはすぐ。ぜひその眺望も楽しみつつ、楢葉町を満喫してみて下さい。

 

楢葉町の「地元感」を楽しめる復興商店街

  1. 武ちゃん食堂は超人気店とのこと。行列必死。
  2. 楢葉町の文化がイラストで表現されています。
  3. 楢葉町といえば鮭。迫力のあるイラストです。

 

楢葉町というと、やはり木戸川をイメージする方が多いようですが、太平洋にも面しており、実は海と深い関わりのある街です。Jヴィレッジからも、すでに紹介した天神岬からも、美しい太平洋を見ることができます。1日ゆっくり時間をかけ、復興の足跡に耳を傾けつつ、海に山に川に魅力満載の楢葉町を、ぜひ旅してみて下さい。

 

イベント名楢葉町ここなら商店街
場所福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5番地の6

関連リンク

ページ上部へ戻る