自分で魚をさばいてみよう! 「さばける塾」開催

2017-11-24
海と日本PROJECT in ふくしま

 

みなさんこんにちは。海と日本プロジェクトinふくしま、専任事務局員の小松です。すっかり冬の装いになっている福島ですが、久しぶりに海の話題をひとつ。

11月19日(日)、郡山市の郡山女子大学短期大学部では、親子で魚をさばく体験会「さばける塾 in ふくしま」が開催されました。さばける塾は「海と日本プロジェクト」の一環として、“魚食振興・海洋環境保全”をテーマに、全国39ヶ所で開催されています。

この日は、小学生とそのお父さん、お母さんの親子11組29人が参加。昨年に引き続き2回目の開催となった今回は、「アジの姿造り」、「さんまのチーズロール・イタリア風~グリル野菜添え~」を作りました。こだわりのグリル野菜には、郡山のブランド野菜「めんげ芋」と「万吉どん」を使用。「めんげいも」とはさつまいも、「万吉どん」とは玉ねぎのことです。名前がとてもユニークですよね。

講師から説明を受けたあと、いよいよ魚さばきに挑戦! 初めて見る魚の血や内臓に驚き、恐る恐る魚に触ってみる子やじっくり観察する子など、反応も様々でしたが、後半にはすっかり慣れ、みなさん積極的に魚をさばいていました。まさに “命をいただくこと”を実感できた瞬間だったのではないでしょうか。

 

 

親子で魚をさばいてみよう!

  1. こんな素晴らしいメニューが完成しました。
  2. パパやママと力を合わせて魚さばきに挑戦だ!
  3. 自分でさばけると、魚たちとの距離がより近くに。

 

そしていよいよ、お待ちかねのお昼の時間。親子で協力してさばいた魚の特別な味に、みなさん「美味しいね。」と思わずニッコリ、大満足の様子でした。魚料理の他にも、いかと豆腐のつみれ汁や栗おこわが振る舞われ、秋の味覚を存分に味わうことができたようです。最後には講師の先生から、「さばけるマスター認定証」が授与されました。

最近では、魚料理より肉料理が食卓に並ぶことも増え、スーパーでは魚はさばいた状態で売っていることも多くなりましたが、今回のさばける塾を通して、生き物の命に触れ、海の恵みについて考えるきっかけになったのではないでしょうか。

この日の模様は11/30(木)11時51分~福島中央テレビにて放送される予定です。どうぞお楽しみに。

(専任事務局員・小松)

 

イベント名海と日本プロジェクト さばける塾inふくしま
参加人数30名
日程2017年11月19日(日)
場所郡山女子大学短期大学
主催日本さばけるプロジェクト実行委員会、日本財団、郡山女子大学短期大学部

関連リンク

ページ上部へ戻る