水族館で魚に変身「ギョスプレ」開催!

2017-10-29
海と日本PROJECT in ふくしま

 

皆さんこんにちは、海と日本プロジェクト in ふくしま専任事務局員の小松です。

10月28日、いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」では、ハロウィンパレードが行われるこの時期、あえて魚に関するコスプレをして水族館内をパレードしようというイベント、その名も「ハロウィーン・ギョスプレ フェスティバル」が開催されました。

アクアマリンふくしまによれば、ギョスプレとは、魚をはじめとした水辺の生き物をイメージしたコスプレのこと。魚の格好をして、魚のつもりになって水族館を楽しんでもらいたいという遊び心を感じるイベントです。カクレクマノミやナンヨウハギなどの魚はもちろん、ウミウシ、クラゲ、オオグソクムシなど水の中にすんでいる生き物のコスプレならなんでもOKとのこと。

パレードにはたくさんの子供たちが参加。気合の入ったギョスプレを披露してくれました。タコやイカなどに扮した子供たち。見た目にも賑やかで可愛らしく、水族館がいつもより賑やかに見えました。大人たちの「本気」のギョスプレも見応え十分でした。

 

魚の格好をして、海と親しむハロウィン

  1. 水族館のスタッフの皆さんもギョスプレ!
  2. 潮目の大水槽のトンネル。フォトジェニックです!
  3. 潮目の大水槽前で記念撮影! (C)菊池真平

 

水族館は、海を「学ぶ」施設ではありますが、こうして自らが海の生物の格好をすると、これまでとは違った見え方で水族館が楽しめたのではないでしょうか。海との距離感を縮めるハロウィン。子供達にとっても、海と人との関係を見つめる貴重な時間になったようです。素晴らしいイベントでした!

(専任事務局員・小松)

 

イベント名ハロウィーン・ギョスプレフェスティバル
参加人数40人
日程2017年10月28日(土)、29日(日)
場所アクアマリンふくしま
主催アクアマリンふくしま
協力ギョスプレ主宰・茂木みかほ / umiiku

関連リンク

ページ上部へ戻る