久之浜漁港祭りで港町を満喫

2017-10-29
海と日本PROJECT in ふくしま

 

皆さんこんにちは、海と日本プロジェクト in ふくしま専任事務局員の小松です。台風が毎週のように到来し、秋を満喫というわけにはいかない福島県いわき市よりレポートです。

10月29日、いわき市北部の港町久之浜では、毎年恒例の「漁港祭り」が開催されました。地元の漁連や婦人会、飲食店などが多数ブースを出し、港町ならではの産品や美食を大盤振る舞い。多くの家族づれで賑わいを見せました。

この日の天気はあいにくの雨となりましたが、港町の食を存分に味わえるイベントとあって、飲食ブースの前には人だかりが。さんまのつみれ汁やのっぺ汁などのほか、生魚の詰め合わせなども販売されました。久之浜の海の魅力が満載です。

 

港町の魅力を存分に味わう恒例イベント

  1. お目当の商品を品定めするみなさん。
  2. 名物さんまのつみれ汁には大行列。
  3. 雨にもかかわらずたくさんの人が来場しました。

 

いわき市久之浜漁港は、震災から6年半以上が経過する中、まだ漁港が再開されていません。それでも漁港の存在感を示し、地元の食の魅力を発信しようと、こうしたイベントが開かれています。関係者によれば、漁港の再建もまもなく終わり、魚市場も復活の目処が立ってきたとのこと。いわき北部の漁業のシンボルであるだけに、1日も早い復活が待たれます! がんばっぺ久之浜!

(専任事務局員・小松)

 

イベント名久之浜漁港祭り
参加人数1500人
日程2017年10月29日(日)
場所久之浜漁港
主催復興・久之浜 漁港祭り実行委員会

関連リンク

ページ上部へ戻る