自分で魚をさばいてみよう! 「さばける塾」開催

2018-11-20
海と日本PROJECT in ふくしま

 

1117日(土)、郡山市の郡山女子大学短期大学部では、親子で魚をさばく体験会「さばける塾 in ふくしま」が開催されました。さばける塾は「海と日本プロジェクト」の一環として、魚食振興・海洋環境保全をテーマに、全国44地域で開催されています。

この日は、小学生とそのお父さん、お母さんの親子1123人が参加。昨年に引き続き3回目の開催となった今回は、「鯵の姿づくり」、「秋刀魚とふくしま野菜のオーブン焼き」を作りました。秋刀魚は、子どもにも親しみやすいように、チーズとトマトソースで味付け。ナスやパプリカ、レンコンなどが入って、彩りも食感も楽しいオーブン焼きに仕上がりました。

講師から説明を受けたあと、いよいよ魚さばきに挑戦!初めて見る魚の血や内臓に驚き、恐る恐る魚に触ってみる子やじっくり観察する子など、反応も様々でした。「魚の心臓が三角形だなんて知らなかった!」など、初めて知ることも多かったようです。中には慣れた手つきでぜいごを落としている子がおり、聞けばもう参加が3回目なんだとか!

後半にはみなさんすっかり慣れて、積極的に魚をさばいていました。まさに命をいただくことを実感できた瞬間だったのではないでしょうか。

 

さばいた魚をいただきます!

  1. 参加は2回目という親子。手つきもスムーズです!
  2. さばいた魚をいただきます!
  3. こんなにもおいしそうな料理が完成しました!

 

いよいよ、お待ちかねのお昼の時間です。親子で協力してさばいたとあって、おいしさもひとしお、大満足の様子でした。魚料理の他にも、あさりの和風ピラフや魚介のつみれ汁、そしてデザートに栗ときなこのパンナコッタが振る舞われ、秋の味覚を存分に味わうことができたようです。最後には講師の先生から、「さばけるマスター認定証」が授与されました。

最近では、魚料理より肉料理が食卓に並ぶことも増え、スーパーでは魚はさばいた状態で売っていることも多くなりましたが、今回のさばける塾を通して、生き物の命に触れ、海の恵みについて考えるきっかけになったのではないでしょうか。

この日の模様は11/27(火)1151分~福島中央テレビにて放送される予定です。どうぞお楽しみに。

 

 

イベント名海と日本プロジェクト さばける塾inふくしま
参加人数23名
日程2018年11月17日
場所郡山女子大学短期大学
主催日本さばけるプロジェクト実行委員会、日本財団、郡山女子大学短期大学部

関連リンク

ページ上部へ戻る