お相撲さんと海辺の掃除 2016年8月20日 いわきでどすこいビーチクリーン開催

2016-8-23
海と日本PROJECT in ふくしま

 

お相撲さんと浜辺を掃除して歩き、海との距離を縮めようというイベント「どすこいビーチクリーン」が8月20日、いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」で開催されました。日本各地で浜辺の清掃活動等を行うNPO法人海さくらと日本財団の主催。地域の子どもたちが現役力士とともに海沿いを清掃しました。

この日、水族館を訪れたのは、大獄部屋の力士5人と、大獄親方。子どもたちと海沿いを清掃し、水族館内のビーチで相撲体操のワークショップを開くためにやってきました。早速水族館の前で、一緒に掃除をしてくれる人たちを集め、総勢40人で水族館の周囲を掃除して歩きました。

きれいに掃除されているように見えた小名浜港エリアですが、植え込みの中や側溝の中には意外にもゴミが落ちていたり、駐車場にもポイ捨てされたタバコの吸い殻などが見つかりました。小さなゴミも見逃さず、1つひとつ拾い上げ、ゴミ袋に集めていきます。

海を清掃することで、海に感謝し、距離感を縮める

  1. 大人気の現役力士たち。気さくに記念撮影に応じていました。
  2. 力士たちを率いていわきにいらっしゃった大獄親方。
  3. この日の模様は福島中央テレビのミニ番組でも紹介します。

 

掃除に続いて行われたのが、お相撲体操です。アクアマリンふくしまの中にある「蛇の目ビーチ」の砂の上で行われました。蹲踞の姿勢など、相撲の姿勢や立ち居振る舞いからヒントを得た体操で、心と体のバランスを整える効果があるのだそうです。

はじめは緊張していた子どもたちでしたが、身体を動かすにつれ緊張も解け、次第に身体の動きもスムーズに。普段はテレビでしか見たことのないお相撲さんと一緒に身体を動かし、相撲の魅力に触れることができたようです。

 

ビーチでどすこい。身体を動かそう!

  1. 相撲体操。子どもたちのポーズも決まっています。
  2. 大獄親方の始動のもと、子どもたちが体操を学びました。
  3. さすがは現役力士たち。動きが軽やかでした。

 

お相撲さんと一緒に身体を動かし、海に親しんだ子どもたち。こうして「あり得ない」組み合わせで、お相撲さんたちと一緒にゴミを拾ったことで、強烈な思い出になったことでしょう。自分たちで海の環境を守ることの大切さも、心に刻まれたのではないでしょうか。

 

イベント名どすこいビーチクリーン 大獄部屋
参加人数40名
日程2016年8月20日(土)
場所アクアマリンふくしま
主催NPO法人海さくら・日本財団
協賛環境水族館 アクアマリンふくしま
協力ハセマン カスタムホームズ

関連リンク

ページ上部へ戻る