秋といえばさんま 2016年9月11日 いわきでさんま祭開催

2016-9-14
海と日本PROJECT in ふくしま

 

いわき市小名浜漁港では、いわきの秋の味覚「さんま」を存分に味わおうという「さんま祭」が開催され、多くの家族連れで賑わいました。会場となった物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」の前には、さんまを焼くための長い七輪が置かれ、参加者が思い思いにさんまを楽しみました。

このさんま祭、物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」が主催して行われたもので、いわきの秋の味覚の代表「さんま「」を広く市民に味わってもらおうと毎年開催されています。水温の状況から福島県沖にさんまが南下していないため、岩手県産のさんまを使用。1000尾が振る舞われました。

会場を訪れた人たちは、さんまの身を焦がさないよう慎重に火を通しながら、海の目の前で味わうさんまのおいしさを堪能していました。今年のさんまは、昨年同様全体の収穫量が少なめの予想が出ていますが、10月終盤になれば、福島県沖に南下してきたさんまを味わえるとのことです。

 

海の目の前で存分に味わう 旬のさんま

  1. 目の前の炉端でさんまを焼いていきます。
  2. 物産センターではさんまの販売も行われました。
  3. さんまを味わおうという人たちの長い行列。

 

さんまといえば、いわき市の秋の味覚。特に小名浜港は、東北地方の太平洋側でも有数の水揚げ量を誇り、地域に根付いた食文化を形成してきました。価格も手軽で、味は申し分なし。まさにいわきの庶民の味。今年もさんまの季節がやってきました!

 

イベント名いわき・ら・ら・ミュウ「さんま祭」
参加人数1000人
日程2016年9月11日(日)
場所いわき市小名浜 いわき・ら・ら・ミュウ
主催いわき・ら・ら・ミュウ
  • +1
  • 「秋といえばさんま 2016年9月11日 いわきでさんま祭開催」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/article/?p=441" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://fukushima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ふくしま</a></iframe><script src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in ふくしま
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://fukushima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ふくしま</a></iframe><script src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>