シリーズ「海と復興」真野川漁港

2017-6-22
海と日本PROJECT in ふくしま

 

東日本大震災で巨大津波の被害を受けた福島県浜通り。地域の復興の「今」を見つめ、今一度、海に根付いた地域の文化や、その町に生きて来た人たちに思い馳せたい。海と日本 PROJECT in ふくしまでは、そんな思いから、被災地の今を紹介するシリーズ「海と復興」をお届けしています。

第18回目となる今回は、南相馬市鹿島区の基幹漁港「真野川漁港」について紹介します。

真野川漁港は、福島県浜通り北部、南相馬市鹿島区にある漁港です。震災前は、主にカレイやヒラメ、コウナゴなどが水揚げされ、活気に溢れていました。50数隻の漁船が所属していましたが、震災でそのうちの8割が損壊。地域の住民も58人が犠牲になってしまうなど、甚大な被害を受けました。

懸命な復旧作業の結果、ようやく今年3月に漁港が再開。現在は、港に所属する船が続々と試験操業に出漁しています。再開の折には、たくさんの住民や関係者たちが集まり再開を祝いました。さらに今年6月には荷さばき所も完成し、また1つ、漁港の復興を感じさせる出来事となりました。

 

南相馬屈指の漁港 また一歩復興へ近づく

  1. 漁協の建物と荷さばき所が新たに完成しました。
  2. 漁港のある烏崎地区は防潮堤工事が進められています。
  3. 震災前の姿を徐々に取り戻しつつあります。

 

真野川漁港は川の河口付近に作られているため、漁船は港から一度川に出て海へと出て行きます。その勇壮な様は、烏崎の住民にとっては誇りそのものでした。海とともにある慣れ親しんだ風景、それがいかに大切なものかを改めて気づかさせてくれます。港のそばには鹿島区の見どころも多いので、ぜひドライブしに出かけてみて下さい。

(専任事務局員・小松)

 

イベント名真野川漁港
場所福島県南相馬市鹿島区烏崎
  • +1
  • 「シリーズ「海と復興」真野川漁港」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/article/?p=784" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://fukushima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ふくしま</a></iframe><script src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in ふくしま
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://fukushima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in ふくしま</a></iframe><script src="https://fukushima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>