世界に発信! ふくしま潮目しんぶん記者クラブ、開催

2018-8-13
海と日本PROJECT in ふくしま

 

海と日本プロジェクト in ふくしまの主催で開かれた「世界に発信!!ふくしま潮目しんぶん記者クラブ」。県内の小学5,6年生23人が参加し、2日間かけて 福島の海の今” を取材しました。その模様をこちらでご紹介いたします!

はじめにアクアマリンふくしまの獣医・富原聖一先生から「福島の海の基礎」を学んだ小学生記者たち。潮目の海と呼ばれる豊かな福島の海を象徴する魚・カツオをまるまる一本さばいて、いわきの郷土料理カツオの揚げびたし作りにも挑戦しました。調理を教えてくれたのはいわき魚塾の皆さん。2キロを超えるカツオに歓声をあげながら、少しずつ、そして、ちょっとだけ不揃いではありますが、上手に切り身にすることができました。油でカラリと揚げたら、醤油ベースの付けだれへ、ジュ~っと投入。衣に味がしみ込んだ揚げびたしは、絶品!食レポも順調です。

 

 

海の基礎を学ぶ1日目!

  1. アクアマリンふくしまの獣医、富原先生から学びます
  2. カツオの捌きかたを学びます。これができたら一人前!
  3. おさかなマイスター、山常水産の鈴木社長から学びます

 

四倉海水浴場では波の音と砂の手触りを体感。ことし初めて海に来た!という小学生記者もたくさんいましたが、風を感じながら、海の素晴らしさを再発見できたようです。また、震災のあとに新たに作られた防潮堤や水門も見学。大きな災害を経験して、さらに強化された命を守る仕組みもしっかり取材しました。

2日目は、原発事故のあとの海についても学びます。富原先生といっしょに、原発周辺の海でとれたヒラメなどに含まれる放射性物質の量を調査しました。結果は「放射性物質は検出されず」。原発周辺の海の現状からわかることは、原発からさらに遠く離れた海の安全性です。

 

2日目は、海の安全を確認した子どもたち

  1. 四倉海水浴場では、耳をすまして波の音を聞きました
  2. どういう新聞を作るか、さあみんなで相談してみよう
  3. こんな新聞ができました。ハイクオリティです!

 

この2日間で取材した内容は、小学生記者みずから新聞記事にまとめます。福島民友新聞社の佐藤編集局次長らにしっかりアドバイスをしてもらいながら、本記や見出しを書き上げていきます。

「魚の取り過ぎや、海が汚れたことで魚のとれる漁が少なくなっている」、「郷土料理は地域にとってなくてはならないもの」、「原発事故直後の魚の放射線量は多かったが、今は安全に食べられるようになった」。出来上がった記事は、大人顔負けの内容に。小学生記者たちの伝えたい思いは、11月に開かれる世界水族館会議の場で、世界に向けて発信される予定です。

 

イベント名世界に発信!!ふくしま潮目しんぶん記者クラブ
参加人数23人(※県内の小学校に通う5,6年生の男女)
日程2018年8月6日(月)、7日(火)
場所アクアマリンふくしま、四倉海水浴場 ほか
主催海と日本プロジェクト in ふくしま

関連リンク

ページ上部へ戻る